懐かしの味

ゴールデンウィークに20数年振りに広島へ行きました。20数年振りというのは結婚して新婚時代を広島で過ごし、その後東京に戻ってきたからです。新婚時代を過ごした街ということもあって他の街にはない懐かしい思い出がいっぱい詰まっています。その頃、主人とよく食べに行っていたお好み焼き屋さんに行ってみました。住宅地の中にぽつんと建つそのお好み焼き屋さんは20数年経ってもあの頃のままの姿でした。それを見ただけでも感激したのですが、のれんをくぐってお店の中に入ったら、そこにはまた20数年前と変わらぬご主人が黙々とお好み焼きを焼いている姿が目に入り、タイムスリップしたような感じで胸がいっぱいになりました。

もちろん20数年経ってるわけですからご主人も歳をとっているわけですが、その姿が昔と同じように見えるのは何故でしょうか。とても不思議です。早速、広島風お好み焼きを焼いていただきましたが、美味しさの半分は懐かしさの味だったように思います。